カテゴリー別アーカイブ: よもやま話

2019.09.16

46

190916_1859

例年なら敬老の日と僕の誕生日はセットで、という事なんだけれど。
僕が食事を作ってね。でも、今年は違いました。息子とかみさん、頑張りました。

うれしいですね。それも、息子が考えた創作料理付き。

そしてプレゼントはTempalayのCD。

というのも、僕がドラマ『サ道』にはまっていて、そのエンディング曲にTempalayの『そなちね』が使われているから。
明日から通勤は『そなちね』から始めて、他の曲も聞き込んで。

ありがとう。

190917_0559

2019.09.15

今日は二人で

190915_1125

今日は息子と二人でお出かけ。
といっても、近所にあるショッピングモールへ。
ジオラマでNゲージを走らせる。

最初は別のお客さんがいたけれど、途中から貸し切り状態。
家で走らせるのとはまた違った感じでいいね。
今度は車庫のある1番線で走らせようか。

プラレールは卒業した様子。
Nゲージはいつまでかしら。
いや、ずっとかもしれない、、、。

2019.08.13

日焼けに海砂、チャッカマン

190811_1637

僕もかみさんもお盆休みに入り、家族3人で1泊2日の旅行へ。
池袋駅からスーパービュー踊り子に乗り伊豆急下田駅まで。

台風が気になるところだけど、どうやら大丈夫そう。
先月の海開きに合わせた旅行では生憎の空模様。
釣りをしたりでそれなりに楽しめたけれど、海水浴は断念。
息子もストレスが溜まっていたでしょう。

なので、民宿に着くなり水着に着替えて。
さっそく岩場に囲まれた一色海岸でシュノーケリング。
といっても、まだ泳ぎが上手ではない息子。
脚がつくギリギリのところまで行ってプカプカ。
それでもいろいろな魚が見れて息子は大興奮。

来年はもう少し泳げるようになって素潜りに挑戦だ。

190812_1031

翌日は民宿を早々に出て、外浦海岸へ。
こちらは砂浜だからまた別の楽しみを。

浮き輪につかまってちょっと沖まで。
波打ち際で波と戯れて。
時間を忘れて遊びまくる。
そして今日も息子は大興奮。

息子にとって海水浴は初めての体験。
僕とかみさんは十数年ぶりの海水浴。

どちらにしても新鮮な体験になったでしょう。

190813_1815

で、息子は旅行の際、何か記念になるものを持ち帰る。
今回は海砂。いいねぇ。

そんでもって僕は、、、チャッカマン。
なんで???

それは民宿に着いて煙草を吸おうとしたらライターが点かなくて。
民宿の方に「ライターありますか?」と尋ねたところ、出て来たのがチャッカマン。
前客が残していったものらしく、持ち帰ってよいとの事。
ありがとうございます。

それにしても日焼けが痛い、、、。
特に肩から背中にかけて。
次回の海水浴では必ず日焼け対策をしなければ。
軽い火傷だよ、これ。

2019.07.03

モバイルライト

190703_2028

かみさんからプレゼントをもらう。

何かというと、寝床で使っていたモバイルライト。
ちょっと前に電源コードが壊れてしまって、、、。

僕たち家族3人は川の字で寝る。
寝る時は明かりを落とす。
結果、部屋は真っ暗。

でもね、僕は本を読んだり、メモを取ったりしたい。
そこで手許を照らす照明が必要。

助かります。
かみさん、ありがとう。

・・・・・

追記

実は電池でも使えたのね。
知りませんでした、、、。
電源コードがダメになったモバイルライトも電池で復活。

かみさん、ごめんね。
でも、制作の時に使いたかったから、無駄にはしません。

あらためて、ありがとう。

190703_2036

2019.05.15

第一巻を読み終わる

190514_0600

宮川淳著作集、第一巻を読み終わる。

これを購入したのは、僕がまだ大学院の学生だった頃。
当時は氏の単行本を何度も読み返していて。
著作集は拾い読み、斜め読みした程度だったように思う。

でも、僕の中には通奏低音のようにずっと響いていて。
何かの時に、ふと単行本を読み返したり。それでも著作集にはあまり手を伸ばさず。

だからだろうか、いや、なせだろう、ここに来て、あらためて読んでみようと思った次第。
知らなかった事が、知るべきだった事がいろいろ見えてきて。
購入した当時に熟読していたら、今の僕は変わっていたかも。

氏は享年44歳。
僕は今、45歳。

昨年までの僕に氏のような魅惑に満ちた言語に足りうる作品を残せていただろうか。
振り返れば、答えはひとつ。

愚問だろう。