年別アーカイブ: 2018年

2018.01.18

いくつか見てまわる、その2

撮影しながら銀座へ。

いくつかギャラリーを見てまわった後、ICCでやっている「坂本龍一 with 高谷史郎恵│設置音楽2/IS YOUR TIME」展へ。

会場に行くとちょうどライブ・パフォーマンスが開催中。

う〜ん、展示だけだったら別の印象を受けたかも、、、。でも、自身の作品についても思う事多し。
ジャンクなレコードばかり買ってなかなか進展しない作品(とっていよいのかわからないけれど)も、刺激を受けて打開できそうな予感ありです。

そんでもって、この展示を知るちょっと前に『async』という作品を知って(遅いですね)。

これまで坂本龍一の作品はあまり聴いて来なかったけれど、これはいいですね。
長く聴き続けて、いずれ息子にもって感じです。

ワタリウムでの展示も行っておけばよかったと後悔、、、。

その3に続く。

2018.01.13

いくつか見てまわる、その1

日比谷図書文化館でやっている「Artists meet Books 本という樹、図書館という森」展を見る。

若林さんが在外研修した時に収集した品々が展示してあったのは意外だったけれど興味深かったです。
若林さんの作品について考えると、それら品々もスケッチブックに描かれた風景のように、収集して分類することの中でスケッチの一部をなしていたのかもしれない、と勝手に思ったり。

あと、藤本さんの展示は会場が作品を展示する場所ではないだけに時々戸惑ったり、、、。
作品を見ながらそこにいる人たちを観察していると、熱心に調べ事をしている人たちの中にも意外と気楽に本を読んでいる人たちがいたり(失礼)。

作品ってそれとは関係なくても見る人に何かを気付かせたり、どこかへ誘ってくれる事もあるよなと感じだ次第。
今度はふらっと来てみようかしら。

その2に続く、、、。