2019.04.14

三富今昔村

190414_1102

今日は自宅から車で15分位のところにある、三富今昔村に家族3人で行く。

森を散策したり、アスレチックで遊んだり、ミニSLに乗ったり。
天気は曇りだったけれど、やっぱり外で食べるご飯はいいですね。
次はお弁当を持って来てみましょう。

そんでもって最後は足湯でまったり。
僕はズボンが膝まで捲れなかったので、今回は遠慮。

190414_1243

で、帰りに電気屋に寄って買い物。

何だか店員がじろじろ見るなぁと思ったら、、、。
帰宅して玄関の鏡に映る我が身を見て納得。

三富今昔村の入場パスが胸に貼りっぱなしじゃん、、、。

190414_1445

2019.03.30

大いこん

190330_0822

息子が冬に植えた大根の種。
三つ芽生えました。

とはいえ、植えたのはプランター。
どんな大根が育つのだろう、、、。

僕の予想は四角い大根。
息子の予想は長い大根。

収穫が楽しみです。

ちなみに国語が苦手な息子。
「大いこん」じゃないぞ、「大こん」だよ。

本を読むのは好きなんだけどなぁ、、、。

2019.03.23

充実して

190323_1644

東京都庭園美術館でやっている「岡上淑子 沈黙の奇蹟」展を見る。

本館の展示は会場の雰囲気と作品が妙に合っていて。
ゆったりとした気分で鑑賞する。

で、新館に移動するとまったく別の、、、。
会場を行きつ戻りつ、気になった作品を確かめながら。

どちらにしても、じっくりと。

で、お次ぎは、目黒区美術館へ。
「目黒区美術館コレクション」展を見る。

こちらも充実。
山中信夫の「マンハッタンの太陽」はいつ見ても揺さぶられる。会えてよかった。
そして、鈴木省三の絵画も。

最後は、銀座に移動してギャラリーをいくつか。

2019.03.21

アンビルドの

埼玉県立近代美術館でやっている「インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」展を見る。

会場に入って初っぱなからやられました。
映像化されたタトリンの「第3インターナショナル記念塔」。
何だろ、このゾクゾクする感じ。

ほかにもこの人がこんな構想をなどなど。
興味深く拝見した次第。

で、先日、新聞を読んでいるとメタボリズム建築の現状について書かれていた。

そうだよな、残せるものは残して欲しい。
いろいろ問題はあるにせよ、ですね。

そして、かつて白井晟一設計の善照寺を撮影のために訪れた時のことを思い出す。

その時は境内だけでなく本堂にも入らせて頂いて。
撮影が目的だったけれど、しばらくは何もせずウロウロしたり佇んだり。

とてもよい時間だったな。